FC2ブログ

鮭の日 (さけのひ)

  • 2018/11/11(日) 12:26:13

漢字の「鮭」のつくり部分が「十一十一」に分解できることに由来し
11月11日。
鮭の日

新潟県村上市と大阪中央卸売市場の会社などが母体とする
鮭の日制定委員会が制定した日。

寒くなってきて色々なお魚も脂がのり始め
おいしい季節となってきています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ

スポンサードリンク

スポンサーサイト

山の日

  • 2018/08/23(木) 20:36:22

2016年に始まった8月の初の祝日≪山の日≫

祝日法2条に、
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」
ことを記載されています。

その山の日は8月11日。
山の日

そもそもいきなり山の日が設定されたのはなぜでしょう?
理由なく個人的には嬉しいのですが7月にできた
海の日に対してそれならばとできた山の日です。

当初お盆と続けてということもあり8月12日も
想定されていましたがこの日は大きな飛行機事故が
あった日で(御巣鷹山に墜落した)この日を祝日に
するのはどうかということで前日の8月11日に
決定されたようです。

現在の所はハッピーマンディの対象祝日日では
ありませんが今後はどうなるかわかりませんね。

学生にとっては夏休み中で大きな意味はないかも
しれませんが暑い真夏に働いている社会人には
とっても大きな祝日の一つです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ

スポンサードリンク

日本の常識 行事 お祭り 雑学 目次

  • 2018/04/05(木) 23:32:50

冬   1月ころ   元旦(がんたん)    元日(がんじつ)  お年玉(おとしだま)  初夢(はつゆめ)    初詣(はつもうで)     お屠蘇(おとそ)    小正月(こしょうがつ)    ならい   小寒 空っ風(からっかぜ)  大寒  寒中(かんちゅう)   寒稽古(かんげいこ)


春   2月ころ   初午(はつうま)   節分(せつぶん) 節分に豆まきをする理由 節分に巻き寿司を食べる    立春(りっしゅん)  雨水(うすい)


春   3月ころ   ひな祭り   お水送り    お水取り ホワイトデー 野焼き 畦焼き(あぜやき)    彼岸 彼岸入り   春分の日    社日(しゃにち) 桜前線   ツバメ前線   十三参り(じゅうさんまいり)

    4月ころ   諏訪大社の御柱祭(おんばしらまつり)     花祭り   春の長雨  菜種梅雨(なたねづゆ) 神武天皇祭 (じんむてんのうさい)  疫神祭 (えきじんさい)   ちゃんちゃん祭り  お花見  強飯式(ごうはんしき)   青柴垣神事(あおふしがきしんじ)   清明   清明祭   穀雨  東風(こち) ゴールデンウィーク  花曇り(はなぐもり)  花冷え(はなびえ)  

    5月ころ   八十八夜  立夏  博多どんたく  端午の節句   菖蒲湯   葵祭り  三社祭   小満   相生ペーロン祭   初鰹 (はつがつお)  筍流し(たけのこながし)
      
夏   6月ころ   衣替え   山王まつり   芒種(ぼうしゅ)   入梅   時の記念日(ときのきねんび)  漏刻祭 (ろうこくさい)  夏至  キャンドルナイト 御田植祭り   YOSAKOIソーラン祭り   金沢百万石まつり  夏越の祓(なごしのはらえ)  茅の輪くぐり(ちがやのわくぐり)

     7月ころ   山開き   海開き  川開き   富士山山開  半夏生(はんげしょう)  半夏生とタコ   半夏生鯖(はんげしょうさば)   博多祇園山笠   七夕 小暑   浅草ほおずき市   お中元   耳なし芳一まつり    京都祇園祭  神戸まつり   大暑  天神祭  藪入り 土用の丑の日  

     8月ころ   暑中見舞い   残暑見舞い  八朔    山の日    盂蘭盆   地蔵盆  大文字焼き(だいもんじやき)  五山送り火(ござんのおくりび)

秋   9月ころ   おわら風の盆    だんじり   岸和田だんじり祭り    重陽の節句(ちょうようのせっく)    菊の節句   お月見    敬老の日    お彼岸 彼岸入り   秋分  秋分の日   中秋の名月(仲秋の名月)  彼岸明け  花巻まつり (はなまきまつり)
    
      10月ころ    長崎くんち  岸和田だんじり祭り 寒露     菊酒    神嘗祭   恵比寿さん えべっさん 恵比寿講     霜降    木枯らし    時代祭り    鞍馬の火祭り  秋の七草  十三夜 (じゅうさんや)
    
     11月ころ     顔見せ(顔見世)    文化の日    立冬   七五三   小雪 小春日和  鮭の日


    12月ころ     大雪(たいせつ)    お歳暮   冬至   針供養(はりくよう)   クリスマス寒波    すす払い 正月こと始め 冬至(とうじ)    冬至かぼちゃ  薮巻き(やぶまき)  秩父夜祭(ちちぶよまつり)  大晦日(おおみそか)

二十四節気 (にじゅうしせっき)   

雑節    節分(せつぶん) 社日(しゃにち)  半夏生(はんげしょう)  土用  二百十日  二百二十日


選日(せんじつ)   八専  十方暮   不成就日  天一天上  三隣亡   三伏
            一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
            犯土(大土・小土)  臘日


五節句    桃の節句(もものせっく)  端午の節句(たんごのせっく)  重陽の節句(ちょうようのせっく)


日本の衣食住 “衣” 日本の着る物 身に着ける物
            下駄(げた)   足袋   地下足袋(じかたび)  合掌(がっしょう)
 

日本の衣食住 “食” 日本の食べ物   団子   千歳飴  おにぎり おむすび にぎりめし   冬至かぼちゃ
  お屠蘇(おとそ) 節分に巻き寿司を食べる   柏餅(かしわもち)  初鰹 (はつがつお)  新茶(しんちゃ)   梅(ウメ)  おはぎ  土用餅 (どようもち)  精進料理(しょうじんりょうり)  川床(かわどこ or かわゆか)

日本の衣食住 “住” 日本の住まい    畳(たたみ)



日本の生活    行水    柚子湯(ゆず湯)  風 鈴(ふうりん)

日本三大祭   京都祇園祭   天神祭(大阪)  神田祭(神田祭)


日本のお祭り  博多どんたく   相生ペーロン祭  山王まつり   YOSAKOI ソーランまつり   金沢百万石まつり   耳なし芳一まつり  神武天皇祭 (じんむてんのうさい)  神武天皇祭 (じんむてんのうさい)  疫神祭 (えきじんさい)   ちゃんちゃん祭り   京都祇園祭  神戸まつり   天神祭   おわら風の盆 岸和田だんじり祭り   灘のけんか祭り 牛祭り   時代祭り   諏訪大社の御柱祭(おんばしらまつり)   花祭り
  漏刻祭 (ろうこくさい)  花巻まつり (はなまきまつり)



お祭り用語   お神輿(おみこし)   山車(だし)


自然現象    黄砂  春霞(はるがすみ)  春一番(はるいちばん)   春嵐(はるあらし)  青田風(あおたかぜ)  根雪(ねゆき)  花曇り(はなぐもり)  紅葉前線 (もみじぜんせん)

お祝いごと(おいわいごと)
     長寿; 還暦(かんれき)  古希(こき)  喜寿(きじゅ)  傘寿 半寿 米寿 卒寿 白寿 上寿


宗教       お会式


その他      お神籤(おみくじ)  季語(きご)

スポンサードリンク

喜寿(きじゅ)

  • 2014/06/09(月) 14:05:39

喜寿(きじゅ)とは数え年で77歳のことを言います。
喜寿(きじゅ)
喜ぶという字を 草書体で書くと 十七の上にもう一つ七が
ついたような文字に見えます。
ここから77歳を 喜寿と言うようになりました。

喜寿のお祝いも古希と同様 紫色でお祝いします。

何か贈り物をされるのでしたらこの色をどこかに
含ませてもいいですね。

77歳といえば 男性ではほぼ平均寿命
長く頑張ってこられたということです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ

スポンサードリンク

古希(こき)

  • 2014/05/16(金) 15:25:49

古希(こき)とは年齢70歳のことを言います。
古希(こき)
唐の詩人杜甫の詩・曲江に
「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」
とあり これが由来とされています。

お酒の借金はどこにでもあるが
七十歳まで長生きすることは滅多にない。

というような意味です。

還暦の時は赤いちゃんちゃんこなどを身につけ
お祝いしますが 古希の時は紫色でお祝いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 祭り・イベントへ

スポンサードリンク