FC2ブログ

疫神祭 (えきじんさい)

  • 2012/04/06(金) 14:16:21

疫神祭 (えきじんさい)
疫神祭とは悪病の流行を防ぐために陰暦3月にとり行われた
疫神が猛威を振るわないよう鎮めるお祭りです。

東京荒川区の素盞雄大神(スサノオオオカミ)神社では
江戸時代より伝わる桃の御守を祭りのある4月8日に授与されます。

桃は、邪気を祓う霊木とされ不老長寿の効能もあるとされ
邪気をはらう者として扱われています。

疫神祭は 古代から節分の頃から春にかけ各地で行われています。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

皇室や糸屋ゆかりの大根焚と粕汁

天保13年頃に長皇子(統仁親王)と各・親王家長子を
河内守様(太子/館)や三河守様に藩主様など桃園親王家が

古式道理に祭祀王様.所有地内の氏神様.境内を
攝津守様などが掃き清め、3陣屋の強力で新調した
産土宮(御殿)と若宮(御殿)や若宮泉.周辺に招て、

境内から村の各・庄屋に庄屋から隣・近所(5人組)、
隣・村から葛野一郡や尾張に信濃の領地の5人組まで
戸主や長男が真竹で新調した弓を引き
家職駅伝(藩・飛脚)が刀・祓や狼煙で領地まで駈繋いで

朗々とした若宮様.ご誕生の礼式や
太子宣下と御祭祀様(財産・資産)御相続(祭祀王)宣下と
葛野守(践ソ)宣下が行れ

晩秋頃には伝統祭事の
=大根焚と(粕汁)冬の味覚の接待会=が
同じ様に葛野郡一体行れたのを御存知ですか。

  • 投稿者: 環境大学新聞
  • 2012/04/11(水) 11:22:55
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する